予防をしておけばノロウイルスに苦しまなくて済む

感染性胃腸炎を避けるには

女の人

ウイルス感染を避ける方法

毎年12月から1月をピークとして、冬に流行する感染性胃腸炎の原因であるノロウイルス。小学生以下の子どもの間で集団感染しやすく、子どもによって持ち込まれたノロウイルスが家族全員に感染してしまうこともある、とても強力なウイルスです。手指や食品などを介して感染し、嘔吐や腹痛、下痢などの辛い症状が出ます。なんとかして予防したいものですが、インフルエンザのようなワクチンや治療薬がノロウイルスにはないため、普段の生活の中で気を付けていかなくてはいけません。手洗いは手や指についているノロウイルスを減らしてくれる、一番身近で有効な方法です。調理前や食事の前、帰宅時やトイレの後は特に丁寧に手を洗いましょう。手洗い場がないところでは、消毒用エタノールを使うのもノロウイルス予防に有効です。ノロウイルス予防のためには、食品や調理器具にも気を配る必要があります。生や加熱が不十分な状態の二枚貝を食べてノロウイルスに感染することが多いので、中までしっかり火を通してから食べてください。二枚貝の調理には専用の調理器具を使用する、熱湯消毒をするなど調理器具にも気を付けてください。集団生活の場では、トイレやドアノブ、手すりなど、みんなが触れる場所の消毒も有効な予防方法です。次亜塩素酸ナトリウムでの消毒も良いですが、金属部にサビが生じたり、人体への刺激が強かったりするため、アルコールでの消毒がオススメです。ノロウイルスの検査は病院や保健所、検査センターで受けられます。個人の場合は病院で簡易検査キットを使い、採取した便で検査します。個人で保険が適用されるのは、3歳未満、65歳以上、抗がん剤などの特別な薬を使っている場合などに限られます。学校や職場など、集団に対する検査は保健所や検査センターで行い、嘔吐物や便などを電子顕微鏡などを使って精密検査します。