予防をしておけばノロウイルスに苦しまなくて済む

冬にピーク

ウィルス

こまめに洗うこと

ノロウイルスは、感染性胃腸炎を引き起こすウィルスのことです。嘔吐、腹痛、下痢などの症状があり、抵抗力のない子供やお年寄りなどでは嘔吐したものが喉に詰まったり、肺に入って肺炎を起こしたりします。死亡するケースもあるので注意が必要になります。ノロウイルスは、感染力が非常に強く、嘔吐物、糞便に含まれるわずかなノロウイルスでも感染すると考えられています。ノロウイルスは、冬季の感染が多く、12月から1月ころがピークになります。ノロウイルスの感染経路は、感染者の糞便や嘔吐物から手指を介して感染する場合、嘔吐物の処理や殺菌が不十分で乾燥したウィルスが空中に飛散して吸い込み感染したり、感染者の人が調理をして食品や調理器具を介して感染したりします。発生場所の多くは、飲食店が多いのが特徴で人の多く集まる場所では注意が必要です。感染すると1日から2日で発症し嘔吐や下痢などの症状があらわれます。健康な大人であれば自然回復しますが、高齢者や小さい子供では脱水症状など入院が必要になる場合もあります。感染を予防するにはノロウイルスを減らす事が重要です。最も有効な予防はしっかりと手を洗う事、食品は加熱殺菌をする事、調理器具、ドアノブ、テーブルなどの消毒などが有効な予防方法となります。予防や対策をしておくことで2次感染を防ぐことになります。特に、感染者の嘔吐物などを処理する場合ではマスクや使い捨てのゴム手袋をつけ、次亜塩素酸ナトリウムやアルコール消毒でふき取りビニール袋に密閉して廃棄する必要があります。