予防をしておけばノロウイルスに苦しまなくて済む

女の人

感染性胃腸炎を避けるには

冬場に流行する感染性胃腸炎の原因であるノロウイルスは、人の手指や食品を介して感染します。予防には、丁寧な手洗い、食品の十分な加熱、調理器具の消毒、共用部分の消毒が有効な方法です。検査は個人の場合は病院での簡易検査、集団の場合は保健所や検査センターで精密検査を行います。

幼児から高齢者まで注意

マスクと体温計

感染を防ぐために

毎年、冬に流行する事が多く集団感染などのニュースもよく耳にするのがノロウイルスです。感染すると急性胃腸炎を発症し、嘔吐や下痢などを発症します。数日で良くなる感染症ですが、高齢者や身体の弱い方などは一気に体力が消耗し亡くなる事もありますので、予防にための対策をとることが重要です。ノロウイルスの感染経路はいくつかありますが、代表的なものとしてノロウイルスのウイルスを含んだ便や吐いたものを片付けた後に、手で触ったものなどが口へ入った場合に起こる接触感染が挙げられます。手をしっかりと洗わないで、ウイルスが手についたまま調理する事によってどんどん人から人へと感染していきます。また、生の貝類や牡蠣などが感染の原因となる事もありますので、しっかりと加熱を行う事が予防のために大切です。ノロウイルスの予防に大切なのは、便や吐瀉物に触れた際に正しい方法で手をしっかりと洗う事です。手の指の間や親指の付け根まで洗い、アルコール消毒液を使用するのも良いでしょう。ノロウイルスは空気感染する場合もありますので、家族などが感染した場合に吐瀉物などを片付ける際には必ずマスクとゴム手袋を着用しましょう。そして、片付け終わったらその場所を塩素系漂白剤や消毒液などで除菌する事が大切です。使い終わったマスクや手袋、それから新聞紙などはビニール袋などに入れて密閉しておく事が感染予防のために重要です。また、衣服などに汚物が付着した場合は洗濯機で洗うと他の衣類にウイルスがついてしまう事があるので注意が必要です。

ウィルス

冬にピーク

ノロウイルスは非常に強い感染力を持っています。感染者の嘔吐物の処理の方法を間違えても、2次感染の危険もあります。予防をするには、手指をこまめに洗ったり、消毒などをして清潔にしておくことが大事になります。抵抗力の少ない人では重い症状になる事もあるので注意しましょう。

菌

ウイルスの侵入を防ごう

ノロウイルスは感染症胃腸炎の中でも感染力が強いウイルスです。毎年冬を中心に流行しますが、感染経路はどのようなものがあるかを理解した上でしっかりとした予防対策を行う事が重要です。予防としては食品の加熱・調理用具の消毒や家庭内の除菌の他、基本となるのが手洗いです。